· 

クヌギの間伐材を利用した『原木椎茸』栽培の渡邊百姓さん

熊本北部に位置する菊池渓谷近く(大分県との県境)の山間地で、

お茶 椎茸 水稲や畑作を無農薬 無肥料で取り組まれている渡邉百姓さん。

 

ご主人の明人さんは「きみがよ」が背後から聞こえてきそうなお人柄です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人氣の椎茸は クヌギの間伐材を〝ほた木〟に使用し 原木栽培されます。

グアニル酸などの旨味成分が多く、

ダシはもちろん 肉厚できめ細かく 香り、歯ざわりが最高です。

 

渡邉さんは、自然から頂いた材料を無駄にしないで

いのちの循環を何よりも大切にされています。

 

一般に用いられる椎茸菌は、

切り出した原木に植え込んで 一年半後ぐらいから椎茸が採れはじめ、

三年程で使い捨てられますが

渡邉さんの菌は 五年間 現役で収穫することができ、

原木はその菌によって分解され、クヌギのいのちは土に還って行きます。

 

広大なクヌギ畑の園内に 一本一本愛情を込めて組みなおし

整列された空間は、イヤシロチ椎茸ミュージアムです。

 

自然の摂理を応用し、命のエネルギーが充足した作物を育てることが、

 

自然栽培の本質だということを 渡邉さんの椎茸は教えてくれます。

《What's new!》

2017/10/15 News&Rereaseのメニューで、

最新情報が見られるようになりました。

2017/10/8 コラムの投稿をスタートしました♪

9/22 宮城県の被災地を訪問してきました

9/14 最新情報更新しました